iPhoneで3GとWi-Fiの同時通信

iPhoneで、あるいはiPadを使っていて、3GとWi-Fiを同時に、でも個別にデータ通信したい場合があります。例えば、iPhoneとMacとをWi-FiのOSCでコントロールしながら、同時に3Gでメール・チェックをしたい、みたいな感じ(無理矢理な設定ですが笑)。

通常はiPhoneをWi-Fiルータに繋ぐとWi-Fiが優先されて、3Gはインターネット接続には用いられない、と思っちゃいますよね。となると、en0が…Socketが…って面倒な話になりそう。ところがなんと、Wi-Fi設定でルータのアドレスを指定しなければ、3Gでインターネット接続しちゃうみたいです。

iphone-ad-hoc-connection

そりゃそうだと言うか、なんてスマートと言うか、常識って怖いねと言うか、ともあれ特別なことは不要でした。実際の場面としてはMacBookなどとAd Hoc接続する場合ですね。先に例として挙げたOSC通信とWebサーフィンとかもバッチリでした。RemokonならUsing a Built-in AirPortの設定そのままです。逆にそんなの常識だよと言われそうですが、備忘録として記事にしておきますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中